2019年11月18日月曜日

リクール『他者のような自己自身』を読む

大学院のゼミでポール・リクール『他者のような自己自身』を読むことにしました。

2年前に出版した単著では主にミニマル・セルフの問題を取り上げていたのですが、出版の前後からナラティヴ・セルフのことを考えるようになりました。このブログの過去記事を見ても、2017年の1月に「ナラティヴ・セルフと実存」というメモを書いていますね。

ギャラガーが2000年の論文で自己を論じた際、思い切ってミニマルとナラティヴの二種類に区別していますが、私としてはこの二つがどのように連続しているのかが気になっています。単純に理論的な問題としては、ミニマルは最小の時間幅で成立する自己で、現在の身体行為があればそれで十分です。身体行為にともなう主体感と所有感があれば自己が成立する、とされています。

他方、ナラティヴ・セルフは、時間的な広がりがないと成立しません。それは、自分について語られる各種の物語から構成されています(他者が私について語る物語も含みます)。ただ、このような説明をすると、どうしてもナラティヴ(物語)だけが焦点化され、身体性の問題が背景に退いてしまいます。

ナラティヴは他者との社会的関係のなかで言語的に語られることで成立します。しかしそれだけが解明すべき論点になると、いわゆる社会構築主義の枠組みだけで議論が終わってしまい、「語られる物語に応じて自己も構成される」という一種の相対主義に陥ります。こういう陥穽を避けるには、身体性から連続するものとしてナラティヴ・セルフを捉えなおす必要があります。

このあたりのことは、7月に開いたエンボディードアプローチ研究会でも議論しました。2018年11月の質的心理学会でも議論しましたし、2017年8月の国際理論心理学会でも議論しました。…が、まだ解明しきれないものがたくさん残っています。

リクールはナラティヴ・アイデンティティについて深く論じていますが、身体行為として成立する自己の次元を踏まえているので、ミニマルとナラティヴの連続性を理解しているように見えます。…そういう理由で、改めて時間をかけてきちんと読み込むことにしました。

ちなみに、ゼミは毎週木曜の夕方に開講しています。一緒に読んでみたい方は遊びに来てもいいですよ。ナラティヴに関連する研究をしているけど、どこか腑に落ちないものを感じている人にとってはうってつけの内容だと思います。
 
 

2019年10月28日月曜日

プラハにて

出張でチェコのプラハに来ています。

以前から交流のあるチェコの研究者にマルティン・ニーチェさんという友人がいます。哲学業界の方なら一度お会いすると忘れがたい名前でしょう。(マルティン)ハイデガーとフリードリッヒ(ニーチェ)を同時に連想させる名前ですからね。

今年の冒頭に彼から連絡があって、チェコ科学アカデミー(日本の学振みたいなところです)でアジアの研究者を招聘する新しいグラントができたので応募しようと思うが協力する気はないか、との問い合わせでした。せっかくのお誘いなので書類作りだけサクサクっと協力したら申請がめでたく通ってしまったのでプラハまでやって来ました、という次第です。3年ぶりに来ましたが、やはり美しい街です。

それで、科学アカデミーの哲学研究所にて「あいだ」の話をしてきました。ニーチェさんが数年前から「transitive (推移的・移行的)」というキーワードで現象学を組み立てようとしているのに呼応したものです。彼は自己と世界がともに絡み合いつつ生成するはざまの空間をtransiveという言葉でとらえているので。

私はメルロ゠ポンティの間身体性の話から始めて、間身体性がどのように間主観的に共有可能な意味の経験を生じさせるのか、それは木村敏がいう「あいだ」の概念によってどのように説明できるのか、「あいだ」の生成が自己と他者のはざまで共有可能な最初の社会的規範を生じさせること、「あいだ」の観点からすると他者理解は他者の知覚という一階の経験が判断という高階の経験へと高められる経験であること、等々の話をしてきました。

で、ひととおり仕事が終わった後で個人的に話をしていて笑ってしまいました。彼と私は歳が近いのですが、職場で部局のヘッドを今年から任されているのだとか。私も昨年からやむなく部署の主任をやっているのですが、管理職のストレスのせいでけっこう太ったのです(言い訳ではなく事実です)。とくに腹のでっぱりが気になる典型的なおっさん体型になりました。彼もしばらく見ないうちに見事なビール腹になっていました(チェコはビールがうまいのでなおさら?)。事情を聞いたら私と似たり寄ったりのストレスを抱えているようで、なんとも笑えました(管理職の辛さには同情を覚えましたが…)。お互い、よく似たしかたで職場のストレスに対処しているんでしょう。

これもまた人と人との「あいだ」の問題といえばそうなのですが、あいだはシステムとしての自律性を持つので、問題への対処は個人の努力だけではなかなかうまくいきませんね。
 

 

2019年10月16日水曜日

意識の科学の冒険 (11/9-10 北大札幌)

こんなご案内をいただきました。
 
「意識の科学の冒険:哲学・脳科学・AI・ロボット研究のクロスオーバー」
(2019年11月9-10日,北海道大学札幌キャンパス,医学部学友会館フラテホール)
 
  
意識をめぐって、二日にわたって豪華メンバーによる講演がずらっと並んでいます。今朝職場のメールボックスをあけたら、上記ポスターが届いていたのでご紹介した次第です。個別に郵送して周知するあたりがすごい気合の入りようですよね。あれ、というか、私も北大に設置されるこの新しいセンター(人間知×脳×AI研究教育センター・CHAIN)と学外で連携するメンバーということらしいので、ポスターを通じて周知にご協力を、という趣旨なのかもしれませんね。

いずれにしてもみなさま、センターの設立記念にふさわしい一線の研究者が集うイベントなので、札幌に足を伸ばしてみてはいかがでしょう。田中は残念ながら同日に別件の研究会があって行けないのですが…
 
た 
 

2019年9月24日火曜日

記念すべき1本 (田中・浅井・金山・今泉・弘光 2019)

以下のレビュー論文が早期公開されました。
田中彰吾・浅井智久・金山範明・今泉修・弘光健太郎(2019)「心身脳問題ーーからだを巡る冒険--」『心理学研究』doi.org/10.4992/jjpsy.90.18403(12月発行予定の90巻5号に掲載予定です)
 
リンクからPDFをダウンロードできますので、ぜひご覧ください。この論文は、2018年3月に開催した国際シンポジウム「Body Schema and Body Image」からのスピンオフです。浅井さん、金山さん、今泉さん、弘光さん、それぞれに発表いただいた内容を私のものと合わせて1本のレビュー論文としてまとめました。
 
共著者の皆さんとは2015年から折に触れて研究会を開催しながら議論を重ねてきたのですが、それがこうして論文にまとまるのは、とても感慨深いものがあります(皆さんありがとう)。全員依拠する分野が少しずつ異なっていますが(実験心理〜神経生理〜神経心理〜哲学)、身体に関心があって、身体と脳の関係を理解し、身体・運動から見えてくる自己を解明しようとする点では共通の問題意識を持っています。議論をすると時間を忘れて熱中することもしばしばです。そんなメンバーで共著論文を書くのは、とても刺激的な経験でした。
 
内容は、19世紀末に始まった身体意識研究の歴史的展開を振り返り、理論的展開をたどりつつ、現代の科学的研究に接合することを企図しています。Body SchemaとBody Imageが鍵になる概念として登場しますが、身体所有感、運動主体感、(ミニマルな)自己とのつながりも論じています。心身問題ではなく「心身脳問題」という術語も、このあたりの問題意識を示唆するこの論文ならではの工夫になっているかと思います。
 
多くの人が参照してくれるレビュー論文になってくれることを祈りつつ、世に送り出したいと思います。
 

 

2019年9月8日日曜日

雑誌『臨床心理学』に寄稿しました

明日発売になる雑誌『臨床心理学』第19巻第5号(金剛出版)に寄稿しました。オープンダイアローグ(フィンランド発祥の精神疾患への対話的介入法)の特集号で、田中は「対話する身体」というタイトルで短い原稿を寄せています。
 

以下、寄稿部分の目次です。

田中彰吾「対話する身体――生きた経験」
 Ⅰ はじめに――対話を支える身体性
 Ⅱ 間身体性、コミュニケーション、他者理解
 Ⅲ 対話の場の生成

私はオープンダイアローグの現場を見学したことがないので、提唱者のセイックラ氏の論文や著作を参考にしながら「対話」を支える身体性について考察しました。だいぶ前から一瞥しただけで積読状態になっていた氏の著作をこの機に読み直してみて、オープンダイアローグがとても効果的な対処法であることは十分に理解できました。自分がそこにいることが無条件に肯定されている、と疾患の当事者が感じられるような場づくりのヒントをたくさん備えているのですね。私は身体性の観点から多少なりともそのようなヒントを読み解く努力をしてみました。ご一読いただけると幸いです。




2019年8月29日木曜日

現象学入門:発売から1年

宮原さんと翻訳したコイファー&チェメロ『現象学入門-新しい心の科学と哲学のために』(勁草書房・2018年)の刊行から1年がたちました。先日、担当の編集者だったDさんから売行きについてご連絡をいただきました。あまり細かい数字は書けませんが、刊行から1年で1100部ほど売れているそうです。

ご購入いただいたみなさま、ありがとうございます。入門書とはいえ、この手の哲学書は平均的には数年で2000部ぐらいしか売れないものなので、予想以上に多くの方に手に取っていただいたことを嬉しく思っています。

ちなみに、昨日・一昨日と著者の一人アントニー・チェメロさんに初めてお会いしました。立教大学で開かれた「Radical Embodied Cognition」というワークショップでご一緒したのですが、さすがに自分で訳したいと思った本の著者だけあって考え方も近く、意気投合する出会いでした。

そのとき彼から聞いたことの中には、本書のバージョンアップ情報も含まれていました。本書は英語版も評判が良かったらしく、共著者のコイファーさんと第二版を準備しているそうです。今までにあるようでなかったタイプの入門書で(例外はギャラガー&ザハヴィの『現象学的な心』ですが、こちらは入門書というほど読みやすくありませんでした)、心の科学の未来を開く視点で現象学を紹介しているので、わくわくしながら読んだ読者が多かったのではないでしょうか。

第二版、もちろん日本語に訳して紹介したいところではありますが、実現するにはこのまま順調に売れ続けてくれないと難しいのかもしれません。引き続き、みなさまのご声援をいただけると幸いです。


 

2019年8月24日土曜日

9月の予定(3):心理学会

その3。
今年も日本心理学会で現象学系のシンポを開きます。しかも今回は大会委員の森岡正芳先生のご尽力で大会準備委員会の企画シンポとして開催していただけることになりました。

日本心理学会第83回大会
立命館大学大阪いばらきキャンパス
2019年9月13日(金) 09:30-11:30 第三会場 AC130
シンポジウム「心理学と現象学-その関係の過去・現在・未来」
(企画)森岡正芳
(話題提供)森岡正芳(立命館大学)・渡辺恒夫(東邦大学)・田中彰吾(東海大学)
(指定討論)村上靖彦(大阪大学)・Jaan Valsiner(Aalborg University)

なんとも豪華なメンバーですね(私はともかく)。
こちらも公開企画なので、一般の方も来場できます。

ヴァルシナー先生とお会いするのは2年ぶりですが、このテーマでどんなことをコメントしてくれるのか、けっこう楽しみにしています。田中は現象学と近年の認知科学について、とくに身体性認知の問題を話すことになると思いますが、彼の立場である文化心理学との接点については以前から考え続けている論点なので、自分の考えを深めるいい機会になりそうです。

とはいえ、まずは一般の皆さま向けにわかりやすい話にしなくてはなりませんね。できるだけ予備知識なしでもわかる話にしたいと思っています。


 

9月の予定(2):体育学会

その2。
久々に日本体育学会におじゃまします。

日本体育学会第70回大会・公開シンポジウム
「テクノロジーの進化と体育・健康・スポーツ科学:eスポーツを題材に」
9月11日(水) 15:00-17:00 (慶応大学日吉キャンパス)
http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/event/754

基調講演:Darlene A. Kluka(国際スポーツ体育協議会副会長)
「Technological evolution and physical education, health and sport sciences」

シンポジスト:
・佐藤晋太郎(早稲田大学)「eスポーツに関する研究動向と教育機関におけるプログラム化の現状」
・田中彰吾(東海大学)「身体性哲学からみるeスポーツ」
・秋吉遼子(東海大学)「eスポーツと体育・健康・スポーツ科学の接点とは」
 

お題は「eスポーツ」。今までちゃんと考えたことがないテーマではありますが、これを機に学んでみます。eスポーツといってもいろんなゲームがあるのでひとまとめにできない可能性もありますが、ビデオゲームに媒介された身体性に特有の論点はいくつかありそうにも思います。公開シンポで誰でも参加可能なようなので、ご関心のある方はぜひ。慶応大学日吉キャンパスにて。
 
 

 

9月の予定(1):認知科学会

来週のトークの準備もまだできていませんが、すでに決まっているその後の登壇予定をご紹介。その1。

日本認知科学会・第36回大会(静岡大学浜松キャンパス)
オーガナイズドセッション08「プロジェクションの理論とモデルへ向けて」
https://www.jcss.gr.jp/meetings/jcss2019/timetable.html#os6,8,9,10
9月7日(土)  12:45-15:15

オーガナイザー:嶋田総太郎(明治大学),久保南海子(愛知淑徳大学),川合伸幸(名古屋大学)

OS08-1 物語的自己とプロジェクション
嶋田総太郎(明治大学理工学部)
OS08-2 プロジェクションから考える「ふり遊び」
田中彰吾(東海大学)
OS08-3 対人関係に関する心理療法におけるプロジェクションの活用
三島瑞穂(宇部フロンティア大学)
OS08-4 実環境に存在しない他者をプロジェクションする -他者が実在しなくても,プロジェクションによって社会的変化が生じる-
中田龍三郎(名古屋大学大学院情報学研究科),川合伸幸(名古屋大学大学院情報学研究科)
OS08-5 身体のメンタルモデルと身体所有感の変化が痛み知覚に与える影響
松室美紀(立命館大学 情報理工学部),三浦勇樹(立命館大学 情報理工学研究科),柴田史久(立命館大学 情報理工学部),木村朝子(立命館大学 情報理工学部)
OS08-6 モノマネにおける投射とその共有
久保(川合)南海子(愛知淑徳大学 心理学部)

プロジェクション・サイエンスのセッションが認知科学会で組まれるということで、しばらくぶりに明治の嶋田先生とご一緒します。2017年の冬に認知科学会のシンポに呼ばれて話をさせていただいたのですが、1日話を聞いているうちに、身体性とプロジェクションの関係を考える格好の現象として幼児のふり遊びがあるのではないかと思い、この機に考えたいと思ったしだいです。「ふり遊び」、じつは現実とイマジネーションの関係が背後に控えていてなかなか壮大なトピックなのですが、今回はその初回ということで、問題の入り口について理論的な整理を試みてみます。
 

 

2019年8月4日日曜日

Radical Embodied Cognition (8/27-28 立教大学池袋)

例によってイベントのお知らせ。約3週間後、立教大学で以下のイベントが開催されます。
 
Workshop: Radical Embodied Cognition
2019年8月27日(火)-28日(水)
立教大学池袋キャンパス本館1204教室
 
プログラム
8月27日
10:00-12:30
Ryosaku Makino : “How to co-operate daily activity between disabled person and his family”
Haruka Okui : “The Interactive Body Schema in Japanese Puppetry”
XU Zhu : “Embodied Belief and Self-knowledge”
13:30-17:00
Jean-Michel Roy : TBA
Ryoko Nishii: “Touching the body at Death: Muslim-Buddhist co-existence in Southern Thailand”
Shoji Nagataki : Facial and behavioral expression as a clue to understanding other minds: from a philosophical and an experimental viewpoint
 
8月28日13:00-18:30
Anthony Chemero : “Radical Embodiment and Real Thinking”
YU Feng : “Skill, Practical Wisdom and Motor intentionality”
Takayuki Tomono: “Does passing-through behavior change when you try to pass through two people while their gaze is or is not directed to you?”
Satoshi Sako :  “Projection as a Way of Embodied Learning ― On Metaphor and Abduction”
Shogo Tanaka : “Motor learning and body schema/image distinction”

 
田中は二日目の最後に登壇します。「Motor learning and body schema/image distinction」(運動学習と身体図式/イメージの区別)というタイトルでお話しします。ただいま、身体図式と身体イメージで論文を執筆中なので、それをそのままタイトルにしました。安易なやり方で申し訳ないのですが、発表と執筆を同時進行にしておかないと、仕事が多すぎて手が回らないのですよね…。

ところでこのイベント、新学術領域の「顔・身体学」の主催なんですね。秋にこの領域での科研費の公募があるので、次こそは申請したいなと思っています。このサイトをちょくちょく訪れてくれる研究者の方々、一緒に面白い企画を考えてみませんか?